1938 
中川慶次郎が東京都北区にて創業 紡績針の製造を開始する

中川製作所では平成16年より、地域と連携した創造教育支援のため県内の工業高等専門学校に対して、「中川フレンドシップ事業」としてロボットコンテスト挑戦のための研究助成の寄付を行っています。
1939 
極細ドリル、レジスター用シャフトの試作に成功
1943 
戦争の激化により三重県明合村(現安濃町)に工場建設
1958 
株式会社組織となる
1965 
中小企業庁より中小企業モデル工場に指定される
1967 
ユニコームを完成
1968 
安濃村(現安濃町)荒木に荒木工場を新設
1970 
ハイコームを完成
1971 
中川順一郎が2代目社長に就任
1975 
タフティングマシン用部品製造開始
1982 
タフティングマシン柄織装置を完成
1983 
タフティングマシン第一号を納入
1985 
タフト工場を新築
1986 
名古屋中小企業投資育成会社より投資を受ける
1986 
資本金を2,600万円に増資
1990 
中川千恵子が3代目社長に就任
1990 
シャーリングマシン製造開始
1996 
エクセルバーを完成
1998 
ISO14001の認証を取得
2001 
ISO9001の認証を取得
2002 
三重県より経営革新計画の認証を受ける
2003 
微細加工分野への挑戦を始める
2005 
科学技術振興機構との間でDLCコーディング関連の技術加工に関する契約を締結する
2006 
経済産業省よりDLCに関して戦略的基盤技術高度化支援事業の認定を受ける
2007 
中川雅弘が4代目社長に就任
2007
経済産業省より「元気なモノ作り中小企業300社」として表彰を受ける