紡績針を作り続けて70年。今新たな領域へ


中川製作所のすべては、1本の針からはじまりました。
固さと粘りを兼ね備えた紡績針を世に送り出すため、飽くなき探求が続けられ
独自の針製造装置までをも生み出すに至ります。


このこだわりは、豊かな果実を育てました。

じゅうたん織機にはじまり、自動搬送車、不織布リサイクル装置といった
さまざまな装置が世に送り出されたのです。

針や装置の開発は、独自の精密微細加工ノウハウを培うことにもなりました。
そして、ついには圧倒的なコストパフォーマンスを誇る
最新のDLC(ダイヤモンドライクカーボン)成膜技術が誕生します。

1本の針に対するこだわり。

それは太い柱となり、中川製作所の技術を支え続けています。



株式会社 中川製作所  代表取締役社長